a3t3mbk’s blog

元”theネットワークエンジニアを目指していたがネットワークエンジニアとして一回も働けなかった人間”が全くキャリアを積めず自分がぐちゃぐちゃなった結果、鬱でドクターストップののち、プログラマーとして再起を目指すブログです。(やはりPCは好きなんだな

さくらのVPSにRails環境導入完了!(導入しただけ)

前回blog.a3t3mbk.com、さくらのVPSに契約&ドメイン取得でApacheのリスニング状態までやったので、その続きです。

作業用ユーザにsudo実行権限を与える

まずはgitのインストールをしようとして前回作った作業用ユーザで

sudo yum install -y git

を試みるも失敗

どうやらsudoの権限がないってことらしい。いや前回rootログイン無効にしたし…と思いながらググる

su - root

コマンドでルートに変身してから、visudoコマンドを実行。viが開く。

root  ALL=(ALL)  ALL

という行の下に

ユーザ名   ALL=(ALL)  ALL

を追加して使えるようにした。*1

rbenvとrubyとRailsのインストール

こちらqiita.com を参考にさせていただいてインストール。しかし./bash_profileの末行に下記

# rbenv
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

を追加すれば反映されるのかな?と、記事通り書きこんで失敗。
そもそも./bash_profile内に2回export PATHがあるのが気になって一つにまとめたら反映成功! 結果、うちの./bash_profile

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
        . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin
PATH=$HOME/.rbenv/bin:$PATH
export PATH

eval "$(rbenv init -)"
script /bashlog/$(date +%Y%m%d_%H%M%S)_$(whoami).log

という形になった。動いているからまあいいか。そして

rbenv install 2.5.1

でruby2.5.1をインストール。そのままqiitaの記事に従ってrailsまでインストールしました!

んで、とりあえず動くか確認しようとして、rails serverコマンドでサーバ動かしてみる。
が!…動かない

gem 'therubyracer'ってなんぞ?

こちら krs1.hatenablog.com の記事を参考に、gem 'therubyracer'Gemfileに追加して、もう一回bundle install

今度はサーバ動いた!いつも通りポート3000番でリッスンになる! しかし、が!http://www.a3t3mbk.com:3000でアクセスしても、Railsのウェルカム画面が出ない…

あと、「therubyracer」でググるとこれは使うな!やばい!みたいな記事がたくさん出てきて戦々恐々。 ま、まあ動かなくなったら考えよう。

ファイアウォールのポート3000番を開く

こちら qiita.com の記事を参考に、firewallの再設定を行う。結果! f:id:a3t3mbk:20180906174057p:plain

開いたー!!!

疲れたからrails3000番はシャットダウンして続きはまた今度!*2

*1:しかしgitはデフォルトで最新版がインストールされていた…

*2:というかsshを切るときに勝手に切れる