a3t3mbk’s blog

元”theネットワークエンジニアを目指していたがネットワークエンジニアとして一回も働けなかった人間”が全くキャリアを積めず自分がぐちゃぐちゃなった結果、鬱でドクターストップののち、プログラマーとして再起を目指すブログです。(やはりPCは好きなんだな

Rails Tutorial日本語版読了!感想を書く

一言感想

いやー長かったですね。重かったですね。1周目だから別にそういうもんだ、と自分を納得させながらのコピペ&写経の日々でした。

以下愚痴

このチュートリアルの内容を象徴するのは、下記画像だと思う。私のようにRubyの超!基本しか知らない人にとっては特に。
f:id:a3t3mbk:20180904084110p:plain

Cloud9にしてもAWSのS3にしても、別建てでググりながらやっといてね!というのが多い。 f:id:a3t3mbk:20180904084745p:plain

あと、ここでは深入りしないけどそういうもんだよ!知りたきゃググってね!というのも多い。 参考はStackOverflor日本語版よりリンク

ruby on rails - Railsのform_forにシンボルを与えるときはどのようなときか? - スタック・オーバーフロー

要するに、:postと@postの使い分けや理由は全くの不明というか、情報不足というか、まあ仕方ないことなんだけど…じゃあコピペして同じもの/似たようなものは作れるけど、自分で設計はできなくない?と。

今の気持ちは(ネタだけど)こんな感じ

わかんないよ。わっかんないよ!
RailsTutorial君の言ってることは一つもわかんないよ!Rails君良いって言ってることは何がいいのかわかんないよ!
わかんない!私にはわかんないの!
ジェネレイトって何がカッコイイの?勝手にたくさん生成なんていやだよ!痛いだけだよ!これのどこがカッコイイの?
インテグレーションのどこがいいのかわかんない!
テストレッドって何なの?レッドがあるの何がいいの!?エラーがカッコイイの?
そもそもエラーって何!?curlの可能性?だから何なの!?
パーシャルって何?短ければいいの!?長文と短文だと何で短文がいいの!?何で分かれてる方がいいの?短いから分かれてるんじゃ結局長いんじゃないの!?
DBがうずくと何でカッコイイの?rubyの力を制御できない感じが堪らないって、何それただの間抜けな人じゃん!ちゃんと制御できる方がカッコいいよ!立派だよ!
railsは力隠してると何が凄いの?そんなのただの手抜きだよ!隠したりしないで全力で取り組む人の方がカッコいいよ!
どうしてシンボルとかルート名とか色々付けるの?いっぱい呼び名があったってわかりにくいだけじゃん!
英語でもなんでもカタカナつけないでよ!覚えられないんだよ!
_urlヘルパーって書いて適切なURLをrubyが推測してくれるって読まないでよ!
pluralizeって書いて複数形に対応って読まないでよ!(日本語だとタンスは棹(さお)ってつける実装しなきゃなんないの!?)
underscoreって書いて小文字化って読まないでよ!
C++とかSQLとかリファクタリングとかテスト駆動とか、ちょっと調べたくらいでそういう話ししないでよ!内容もちゃんと教えてくんなきゃ意味が分かんないよ!教えるならちゃんと教えてよ!神話に出てくる銀の弾丸の説明されても楽しくないよ・・!
DB設計もMVCモデルもform_forのシンボルもenumerableも意味不明だよ!
何がカッコいいのかぜんっぜんわかんない!
他の用語も謎なんだよ!
ActiveRecordとかbundleとかbycriptとかgemfileとかerbとか・・便利で良いだろってどういうこと?雰囲気で感じろとか言われても無理だよ!
stackoverflowとかLearn Enough Societyとか公式Docとか、ちょっとネットで調べただけで知ったかぶらないでよ!中途半端に説明されてもちっともわからないんだよ!
物理学者とかRubyのなんかすごい人の言葉引用しないでよ!知らない人の言葉使われても何が言いたいのか全然わかんないんだよ!自分の言葉で語ってよ!
お願いだから私が分かること話してよ。RSpecって何なの?Ruby on Rails5ってどういうことなの?わかんないわかんないわかんないわかんない!わかんなーい!RailsTutorial君の言うことは昔っから何一つ、これっぽっちも、わかんないのよー!

ネタ元 dic.nicovideo.jp

感想:とりあえず、すごく高度な本でした。説明も論理的で、このチュートリアル通りのアプリを実装するなら十分と思われます。
アプリケーション設計してる人ってすごいなあ。あとテストしてる人もすごいなあ。(小並感)

一応、次はあとがきでオススメされていた『プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで』という本と、
あとUdemyもやらなきゃ…結構Rubyの講座もあったし、知識をもっともっと積み重ねていかなければ…