a3t3mbk’s blog

元”theネットワークエンジニアを目指していたがネットワークエンジニアとして一回も働けなかった人間”が全くキャリアを積めず自分がぐちゃぐちゃなった結果、鬱でドクターストップののち、プログラマーとして再起を目指すブログです。(やはりPCは好きなんだな

Udemyでの勉強! Day001 on コース001

コース001*1はこちら!

www.udemy.com

は私の私的なコメントであって動画の内容とは(本質的に)関係がございません。

動画1:Photoshopでなにができるか

470MBの素材がMAC用、Win用と用意されている。Win用をダウンロード。
1.5倍速で聞くから高くなってるwだからなんだって意味ないけど。あと講師さんから時々タメ語が出るのがなんかうける。

動画2:各ツールボタンの説明

当然*2フォトショは持ってないので、LibreOffice Drawでpsdファイルを開く。どこまでついていけるかなー(苦笑
フォトショは左のツールバー選択に応じてトップのツールバーが自動で切り替わるらしい。Drawにはもちろんそんな機能はない。詳細な設定ができないわけではない。フォトショの方が効率がいいっぽい。
ウィンドウからメニューパネルが最初から出る。Drawの場合は、設定変更対象を選択してから、右側のパネルツールから変更する感じ。どっちがいいかは知らん

動画3:新規ファイル作成方法

当然Drawでも同じことができる。
丁寧語になったw
RGBとCMYKについて説明。基本的なことから確認してくれていいね。ピクセルの「光」がRGBで、CMYKが塗料。ポスターなど印刷物はCMYK。これ知らなかった。
解像度について。Web用は72、印刷は300以上というのはDrawにはないかも。Drawはだいたい90dpiっぽい。つまり、高解像度にしたければ最初にA1とかのサイズを選んで、圧縮する?でもそれ印刷側の処理によるよなあ…さすがにプロはフォトショかもしくは、なんかクリスタとか使った方がいいってことですかね。

動画4:移動ツール/テキストツール

当然要素の移動はできる。でもスマートガイド(中心線)表示とかはないな。グリッド表示はあるけど。グリッドはうるさいですよね…
文字ツールも入力自体はもちろnできるけど、中央揃えとかは難しい。

動画5:ファイルの開き方

まじかこんなことまで説明すんのか。埋め込みを表示が挿入だったり違いがある。
バウンディングボックスについて。比率保持がShift+マウスなのは逆に使いづらいきもする。

動画6:画像のフィルター

フォトショの本領発揮!!!!!ふぉとしょすげえええええええええええ(白目
写真を生で使いたくなかったら、フォトショですわ
上書きしないよう注意とかしてくれるのすげー丁寧やね

動画7:一部にフィルターしてイラストと実写を自然に合成

うーんすごい。フォトショすごい。

動画8:ブラシツール

ブラシ多いなー。後から追加も出きるしなー。最低限鋸とはDrawでもできる。

あかん…こっからはGIMPや!重いけど。

gimpってずっとフォント準備中で時間とるよね。起動に1分強かかってGIMPでついて行く!!!
GIMPはブラシもいっぱいあるぞー参考画像はピーマンブラシダぞー何でこんなブラシがあるんだよ?

f:id:a3t3mbk:20180827221151p:plain
GIMPの場所スクショ

動画8続き:作業履歴便利ですよね。もちろんGIMPにもあります。(どこまで保存してくれるかは調べてない

でも使いやすそうだなフォトショ。UIのレベルが段違いって感じ。慣れれば何とかなるきもするけど。

動画9:保存方法。psdはDrawでもGIMPでも開けるけど、フォトショのデザイナーの意図通りかは、わかんないですね。そこらへんクオリアの問題もあるから、難しいですね。

動画9ー動画10でセクションが変わる。セクション1の動画9から、セクション2の動画10、となるらしい。んで、9の最後にクイズがあると言っているけど、自動で動画が進むのでびっくり。あわてて質問ページで過去質問をクイズで検索する。クイズはないようだ。昔別サイトで公開していたときの名残っぽ

動画10:ウィンドウ分割、レイヤー操作、拡大縮小

GIMPでも可。

動画11:色調補正(明るさ/コントラスト)

ただの「彩度」はあるけど「自然な彩度」はGIMPには(たぶん)ない。

動画12:白黒に色調補正

こういう極端な補正はGIMPでも簡単にできる。クイック選択もファジー選択としてある。
むしろフォトショは繊細な自動化(上記の「自然な彩度」みたいな)が価格価値なのか…?

動画13:色の置き換え

GIMPでも可。でも自動選択の精度が違うかな。GIMPで使っている元画像の解像度が低いだけかもしれないけど。講座の方はけっこう大きな画像使ってる。画像だけでメガバイトありそう。

動画14:ぼかし

写真をミニチュア風にする。自然な彩度100で通常彩度を70で「そうなる」とかはテクニックだなー。たぶんGIMPでもテクニック的にはあるんだろうけど、手順が違うんだろうなー…

GIMP等についてはこちら ferret-plus.com がオススメ!いろいろあるよ!でもやっぱりどれを選んでも、ドキュメントの量でフォトショには絶対に勝てないんだよな…

*1:自分で勝手に番号付けています

*2:なにが当然なのか?わかりませんが